染色液試薬 P.A.S.M.
組織学用細胞学

染色液試薬
染色液試薬
お気に入りに追加する
商品比較に追加する
 

特徴

応用
染色液
用途
組織学用, 細胞学

詳細

最小限のテスト数 行なわれる 100 完成時間 1時間15分 賞味期限1年 保存条件 2-8°C 追加設備 オーブン アプリケーション Argyrophilic elementとムコ多糖類の閲覧に使用した方法(基底 組織切片上の膜、菌類、細菌など)。のために選択される方法です。 腎生検における基底膜の研究 結果 基底膜、グリコーゲン、ディッシュ 菌類と細菌の 光学顕微鏡用の細胞組織学的サンプルの調製用の製品です。 組織切片中のアルギロフィル成分やムコ多糖類(基底膜、菌類、細菌など)の表示に。 腎生検における基底膜の検査方法の推奨 原理 周期酸はムコ多糖鎖中のグリコール基とグリコアミノ基と反応して酸化し、アルデヒド基と このようにして鎖自体を切断します。これらの新たに形成されたアルデヒド基は、銀メテナミン錯体の一部である塩化銀を金属銀に還元して可視化する。

---

カタログ

General Catalogue
General Catalogue
164 ページ

BIO-OPTICA Milanoのその他の関連商品

Staining kits

*価格には税、配送費、関税また設置・作動のオプションに関する全ての追加費用は含まれておりません。表示価格は、国、原材料のレート、為替相場により変動することがあります。