プロテイナーゼK試薬 RP02503
研究用凍結乾燥された

プロテイナーゼK試薬
プロテイナーゼK試薬
お気に入りに追加する
商品比較に追加する
 

特徴

応用
プロテイナーゼK
用途
研究用
フォーマット
凍結乾燥された

詳細

概要 製品名 - プロテイナーゼK (高濃度) カタログ番号 - RP02503 説明 - 37℃で6時間、λDNAの消化により検出されたDNase汚染はありません。25℃で16時間、λDNAの消化により検出されたRNase汚染はありません。ホストゲノムDNA/RNAはPCRで検出された残留物はありません。 バイオ活性 - その消化活性によって測定されます。活性は>30U/mgです。1 ユニットは 37℃ (pH 7.5) でカゼインを毎分 1.0 µmol の L-チロシンと同等の吸光度を得るために消化します。 純度 - SDS-PAGEによる95%以上。 エンドトキシン - 詳細についてはお問い合わせください。 製法 - 凍結乾燥粉末を 20mM Tris-Hcl, 30mM NaCl, 50% Glycerol, 5mM CaCl2, pH 7.2-7.4 に溶解することを推奨します。 種 - Tritirachium album 背景 Proteinase K (E.C.3.4.21.64) は、Tritirachinm album Limber が産生する細胞外セリンエンドプロテアーゼです。Proteinase K は幅広い温度範囲で活性を示し、最適な活性は 20~60℃、pH は 7.5~12.0 である。活性は、最大2%のSDSまたは最大4Mの尿素が反応に含まれている場合に刺激されます。カルシウムはプロテイナーゼKの耐熱性に重要ですが、触媒作用には必要ないため、EDTAなどのキレート剤を含む緩衝液でも活性を発揮します。 製品情報 類義語 - プロテイナーゼK 表現された宿主 - Pichia pastoris タグ - タグフリー

---

カタログ

この商品のカタログはありません。

ABclonalの全カタログを見る

ABclonalのその他の関連商品

Catalog Proteins

*価格には税、配送費、関税また設置・作動のオプションに関する全ての追加費用は含まれておりません。表示価格は、国、原材料のレート、為替相場により変動することがあります。