モノクローナル抗体試薬 A19530
ウェスタンブロット法用免疫組織化学用動物性

モノクローナル抗体試薬
モノクローナル抗体試薬
お気に入りに追加する
商品比較に追加する
 

特徴

応用
モノクローナル抗体
用途
ウェスタンブロット法用, 免疫組織化学用
由来
動物性

詳細

背景 この遺伝子は進化的に保存されており、その産物はヒトの細胞老化や腫瘍抑制に関与していることが提案されている。抗増殖活性は3'UTRに局在していることが報告されており、トランス作用性調節RNAとして機能することが提案されている。この遺伝子のいくつかの疑似遺伝子が同定されている。代替スプライシングにより、複数のトランスクリプトバリアントが確認されている。腸内細菌のゲノム配列が、この遺伝子の発現に影響を与えていることが明らかになった。 免疫原情報 免疫原 - ヒトプロヒビチン由来の合成ペプチド。 シーケンス 遺伝子ID - 5245 スイス製プロット - P35232 同義語 - HEL-215; HEL-S-54e; PHB1; PHB; プロヒビチン 計算されたMW - 30kDa 観測されたMW - 30KDa アプリケーション 反応性 - ヒト、マウス、ラット テスト済みのアプリケーション - WBIHC 推奨希釈度 - WB 1:500~1:2000 IHC 1:50~1:200 保存バッファ -20℃で保存してください。フリーズ/解凍サイクルを避けてください。 緩衝液PBS、0.02%アジ化ナトリウム、0.05%BSA、50%グリセロール、pH7.3。 アプリケーションキー - ウェスタンブロッティング 免疫組織化学 陽性サンプル - U-87MG、A-549、MCF7、マウス脳、マウス心臓、マウス腎臓、ラット心臓、ラット肝臓、ラット腎臓 携帯電話の位置情報

---

カタログ

この商品のカタログはありません。

ABclonalの全カタログを見る

ABclonalのその他の関連商品

Monoclonal Antibodies

*価格には税、配送費、関税また設置・作動のオプションに関する全ての追加費用は含まれておりません。表示価格は、国、原材料のレート、為替相場により変動することがあります。