酵素試薬 RK21106
微生物学用カリウムマグネシウム

酵素試薬
酵素試薬
お気に入りに追加する
商品比較に追加する
 

特徴

応用
酵素
用途
微生物学用
検査パラメータ
カリウム, マグネシウム, グリセリン, pH

詳細

特集 - 仕様 応用例 - 制限酵素消化 単位の定義 - 1 単位は、総反応量 50μl で、37℃で 1 時間で 1μg のλ DNA を消化するのに必要な酵素の量として定義されます。 保存条件 - 10 mM Tris-HCl, 50 mM NaCl, 1 mM DTT, 0.1 mM EDTA, 200 μg/ml BSA, 50%グリセロール, pH 7.4 @ 25°C 保存温度 -20°C 反応条件 - 1X Buffer CutS、37℃でインキュベートする。 反応バッファーまたは混合物 - 1X Buffer CutS. 50 mM 酢酸カリウム、20 mM 酢酸トリス、10 mM 酢酸マグネシウム、100 μg/ml BSA、pH 7.9 @ 25°C 熱による不活性化 - 80℃で20分間 メチル化感受性 ダム メチル化 - 感受性なし dcm メチル化 - 感受性なし CpGメチル化 - 重複するいくつかの組み合わせによって障害される

---

カタログ

この商品のカタログはありません。

ABclonalの全カタログを見る
*価格には税、配送費、関税また設置・作動のオプションに関する全ての追加費用は含まれておりません。表示価格は、国、原材料のレート、為替相場により変動することがあります。