1. 研究室
  2. サンプル管理
  3. 実験用粉砕機
  4. F.P.S. Food and Pharma Systems

実験用粉砕機 Pin Mill
食品産業用製薬産業用卓上

実験用粉砕機
実験用粉砕機
実験用粉砕機
実験用粉砕機
実験用粉砕機
実験用粉砕機
実験用粉砕機
実験用粉砕機
お気に入りに追加する
商品比較に追加する
 

特徴

応用
実験用, 食品産業用, 製薬産業用
オプションとアクセサリー
卓上, キャスター式, 機械式

詳細

製薬業界において、メカニカルミリングは依然として重要な製剤化のステップであり、通常、20ミクロン以上の均一な粒子径を実現するのに適しています。FPSの粉砕機は、医薬品の開発段階、臨床試験の開始段階、商業生産の準備段階のいずれにおいても、粒子の均一性、分布の均一性、化合物のバイオアベイラビリティと溶解性を向上させ、一貫してこれを達成するメカニカルミリングソリューションを提供することができます。 適切なブレンドの均一性の確保から放出プロファイルの最適化まで、当社のメカニカルミリングオペレーションは優れた医薬品の結果を提供します。 FPSのメカニカルミルは以下の通りです:PinMill-100、PinMill-200、HammerMill-100、HammerMill-200があります。 ハンマーミル - 高スループットのハンマーミルは、デランピング、特定の粒子範囲への粉砕、微粉砕など、様々な粒子径低減のご要望にお応えします。製薬用粉砕では、xxxxは交換可能なスクリーンサイズとともにハンマーを採用し、最終的な粒子径をより細かく制御します。 ピンミル- この粉砕機は、スクリーンを使用することなく、均一な粒子径を得ることができます。ピンを含む2枚のプレート(1枚は固定、もう1枚は回転)の間で粒子径の減少が行われます。ハンマーミルよりも小さな粒径が得られます。 製品の粒度分布は、以下のパラメータによって決まります: 処理される製品の化学的、物理的性質 回転速度 粉砕チャンバー内への製品供給量(粉砕チャンバー内の製品量を定義する プロセス温度

---

カタログ

見本市

この販売者が参加する展示会

A3P MICROBIOLOGIE 2024
A3P MICROBIOLOGIE 2024

26-27 6月 2024 Strasbourg (フランス)

  • さらに詳しく情報を見る
    CPHI Milan

    8-10 10月 2024 Milano (イタリア) ホール 18 - ブース 18D67

  • さらに詳しく情報を見る
    *価格には税、配送費、関税また設置・作動のオプションに関する全ての追加費用は含まれておりません。表示価格は、国、原材料のレート、為替相場により変動することがあります。