研究室用遠心機 5910 Ri
生物学多機能血液用

研究室用遠心機
研究室用遠心機
研究室用遠心機
研究室用遠心機
研究室用遠心機
研究室用遠心機
研究室用遠心機
研究室用遠心機
研究室用遠心機
研究室用遠心機
お気に入りに追加する
商品比較に追加する
 

特徴

応用
研究室用, 生物学
機能
多機能
サンプルのタイプ
血液用, DNA
設定
卓上
回転子の特徴
角度
温度制御
冷蔵
性能
高速
速度

最少: 10 rpm (62.8 rad.min-1)

最大: 14,000 rpm (87,964.6 rad.min-1)

騒音レベル

59 dB

重量

109 kg (240.3 lb)

長さ

68 cm (26.8 in)

72 cm (28.3 in)

高さ

37 cm (14.6 in)

詳細

冷蔵遠心分離機5910 Riは、コンパクトで人間工学に基づいた設置面積でありながら、高い能力と性能を兼ね備えています。直感的に操作できるタッチスクリーンのユーザーインターフェースと高度な温度管理システムを搭載しています。 製品情報 新しい冷蔵ベンチトップ型遠心分離機5910 Riは、その使いやすさと多機能性で際立っています。直感的な操作が可能な7インチの大型タッチパネル「VisioNize®」を搭載し、迅速でミスのない操作を実現し、効率的で再現性の高い運転を可能にします。さらに、ドキュメント機能と独自のユーザー管理により、複数の権限レベル、パスワード保護、すべてのランとユーザー活動のドキュメント化など、品質管理をサポートします。固定アングルおよびスイングバケットローターの包括的なポートフォリオと合わせて、この遠心分離機は特に幅広いアプリケーションに対応しており、多様な要件を持つマルチユーザーラボに最適な選択肢となっています。 直感的に操作できるタッチインターフェース 独自のお気に入り機能により、パラメータの設定がこれまで以上に迅速に行えるようになりました。よく使う時間、温度、速度などの設定は、ホーム画面から直接アクセスでき、3回クリックするだけで個々のランを作成することができます。 プログラム機能では、すべてのランパラメータ(ランプや半径補正の設定を含む)に明確な名前を付け、ローターの互換性をチェックしたプログラムを最大99個まで保存でき、操作ミスを防ぎます。 ユーザー管理とドキュメント機能 GLP/GxP要件をサポートするために、冷蔵ベンチトップ型遠心分離機5910 Riは、すべての設定と運転中に発生するイベントを文書化します。

---

カタログ

Eppendorf SEのその他の関連商品

Centrifugation

*価格には税、配送費、関税また設置・作動のオプションに関する全ての追加費用は含まれておりません。表示価格は、国、原材料のレート、為替相場により変動することがあります。