分子生物学用遠心機 5420
多機能DNARNA用

分子生物学用遠心機
分子生物学用遠心機
分子生物学用遠心機
分子生物学用遠心機
分子生物学用遠心機
分子生物学用遠心機
分子生物学用遠心機
分子生物学用遠心機
分子生物学用遠心機
分子生物学用遠心機
分子生物学用遠心機
分子生物学用遠心機
分子生物学用遠心機
お気に入りに追加する
商品比較に追加する
 

特徴

応用
分子生物学用
機能
多機能
サンプルのタイプ
DNA, RNA用
設定
卓上
速度

最少: 0 rpm (0 rad.min-1)

最大: 15,060 rpm (94,624.8 rad.min-1)

騒音レベル

56 dB

重量

13 kg (28.7 lb)

長さ

35 cm (13.8 in)

24 cm (9.4 in)

高さ

22 cm (8.7 in)

詳細

遠心分離機5420は、スピンカラムを用いた核酸精製やゲル抽出のワークフローをサポートします。この新しい遠心機は、エアゾールタイトローターに24台の収容能力を持ち、最大21,300×gの速度を小さな設置面積で実現しています。 製品情報 新しい遠心分離機5420は、分子生物学的なルーチンアプリケーションを想定して設計されています。DNA/RNAの精製、アガロースゲルからのDNA抽出、PCR反応のセットアップなど、さまざまな手法に対応しています。遠心分離機5420は、実験台上のスペースを節約するために設置面積を特に小さくし、清掃が容易なキーパッド式コントロールパネルを採用しました。1.5~2.0mLのチューブを最大24本までスピンすることができます。オプションのアダプターを使えば、0.4および0.5mLのチューブや、0.6mLのBD Microtainer®まで容量を拡張できます。また、32本のPCRチューブ(0.2mL)または4本のPCRストリップ用のローターもご用意しています。標準ローターは、ウイルス、病原菌、放射性プローブなどの危険なサンプルを遠心分離するためのエアロゾルタイトコンテインメントを備えており、お客様の安全のためにご利用いただけます。 特徴 最大24本の1.5および2.0mLチューブに対応する標準ローター 最大32本の0.2mL PCRチューブまたは4本の8連PCRストリップ用のローターオプション 0.2、0.4、0.5 mLチューブおよび0.6 mL BD Microtainer®用アダプター 人間工学に基づいたソフトタッチの1本指リッドクロージャー サンプルの温めを防ぎ、サンプルへのアクセスを容易にするラン終了時の自動蓋開け機能 高品質なアルマイト製のローターとローターの蓋 ワンプッシュで素早く遠心分離ができるショートスピンキー(キーをずっと持っている必要はありません 清掃が容易なキーパッド式コントロールパネル ラボベンチの貴重なスペースを節約するために、フットプリントを特に小さくしました:24 × 35 × 22 cm (W × D × H)

---

カタログ

Catalog 2020/21
Catalog 2020/21
244 ページ

Eppendorf SEのその他の関連商品

Centrifugation

*価格には税、配送費、関税また設置・作動のオプションに関する全ての追加費用は含まれておりません。表示価格は、国、原材料のレート、為替相場により変動することがあります。