研究室用遠心機 5810 R
血液用卓上コンパクト

研究室用遠心機
研究室用遠心機
研究室用遠心機
研究室用遠心機
研究室用遠心機
研究室用遠心機
研究室用遠心機
研究室用遠心機
研究室用遠心機
研究室用遠心機
お気に入りに追加する
商品比較に追加する
 

特徴

応用
研究室用
サンプルのタイプ
血液用
設定
卓上, コンパクト
回転子の特徴
角度
温度制御
冷蔵
性能
高速
速度

14,000 rpm (87,964.6 rad.min-1)

騒音レベル

56 dB

重量

99 kg (218.3 lb)

長さ

60.8 cm (23.9 in)

70 cm (27.6 in)

高さ

34.5 cm (13.6 in)

詳細

高速遠心機5810/5810 Rは、現在販売されている3Lベンチトップ遠心機の中で最小クラスの遠心機です。ミディアムからハイスループットのラボの主力機種で、チューブとプレートの両方を使用できる汎用性と大容量を兼ね備えています。 品質と信頼性に定評のある5810/5810 Rは、最大20,913 x g (14,000 rpm)の速度を必要とするミディアムからハイスループットのアプリケーションに、最もコスト効率の高いソリューションを提供します。このベンチトップ型遠心分離機は、あらゆる研究室にフィットするように設計されており、静かな動作音、ソフトタッチ式の蓋の開閉、出し入れが容易な低いアクセスハイトなどにより、ルーチンワークをより快適にします。 また、チューブやボトル、プレートの混載を可能にするローターやアダプターを豊富に取り揃え、真の汎用性を実現しています。新世代のローターは、遠心分離機5810/5810 Rの容量を最大4 x 750 mL(または28 x 50 mL / 56 x 15 mL)まで増やします。スイングバケットローターとアダプターは0.2 mLから750 mLまでのチューブやボトルに対応し、固定アングルローターは0.2 mLから85 mLのチューブに対応します。プレートローターは、PCR、細胞培養、ディープウェルプレートなど、あらゆる種類のマルチウェルプレートの遠心分離を行うことができます。 エッペンドルフの卓上型遠心機 セントリフュージ5810/5810 Rは、サンプルスループットが中~高の研究室に最適な遠心機です。 片手で簡単に操作できるエアゾールタイトリッドを採用 エッペンドルフのクイックロック®キャップは、ハンドリングを大幅に改善し、片手での操作を容易にします。ハンドルで閉じたバケツをバイオセーフティキャビネットまで安全に運び、安全な環境で開封することができます。

---

ビデオ

カタログ

Catalog 2020/21
Catalog 2020/21
244 ページ

Eppendorf SEのその他の関連商品

Centrifugation

*価格には税、配送費、関税また設置・作動のオプションに関する全ての追加費用は含まれておりません。表示価格は、国、原材料のレート、為替相場により変動することがあります。