分子生物学用遠心機 5804
多機能卓上高速

分子生物学用遠心機
分子生物学用遠心機
分子生物学用遠心機
分子生物学用遠心機
お気に入りに追加する
商品比較に追加する
 

特徴

応用
分子生物学用
機能
多機能
設定
卓上
性能
高速
速度

最少: 200 rpm (1,256.6 rad.min-1)

最大: 14,000 rpm (87,964.6 rad.min-1)

騒音レベル

62 dB

重量

55 kg (121.3 lb)

長さ

55 cm (21.7 in)

46.6 cm (18.3 in)

高さ

33.7 cm (13.3 in)

詳細

遠心分離機5804/5804 Rは、ミディアムスループットの分子生物学的アプリケーションに適した高速ベンチトップ遠心機です。0.2 mLから250 mLまでの一般的なチューブやプレートを扱うことができ、豊富なローターやアダプターにより高い汎用性を実現しています。 製品情報 最大20,913×g(14,000rpm)の高速処理を必要とするミディアムスループットのアプリケーションに対して、最も費用対効果の高いソリューションを提供する、品質と信頼性に定評のある卓上型遠心機です。また、0.2 mLから250 mLまでのチューブやボトル、MTP、PCR、ディープウェルプレートに対応するローターやアダプターを幅広く取り揃え、真の汎用性を実現しています。 スイングバケットローターとアダプターは、0.2 mLから250 mLのチューブやボトルに対応し、固定アングルローターは0.2 mLから85 mLの容器に対応します。プレートローターは、PCR、細胞培養、ディープウェルプレートなど、一般的なタイプのマルチウェルプレートの遠心分離を行うための準備が整っています。 ローター S-4-72 エッペンドルフのスイングバケット型遠心機ローター、ローターS-4-72は、ミディアムスループットのモレキュラーアプリケーションに適しています。最大3,234 x g (4,200 rpm)の回転数と幅広いアダプターを備え、0.2 mLから250 mLまでの一般的なチューブフォーマットを容易に扱うことができます。空気力学的に設計された丸型バケットは、Rotor A-4-62と比較して最大48%のエネルギーを節約します。バケットとアダプターはオートクレーブ滅菌が可能です。 高速遠心分離用ローター エッペンドルフローターFA-45-6-30(6 x 50 mL)とエッペンドルフQuickLock®蓋は、遠心分離機5810 Rでは最高速度20,130 x g (12,100 rpm)、5804, 5804 R, 5810では最高速度16,639 x g (11,000 rpm)で使用できます。

---

ビデオ

カタログ

Catalog 2020/21
Catalog 2020/21
244 ページ

Eppendorf SEのその他の関連商品

Centrifugation

*価格には税、配送費、関税また設置・作動のオプションに関する全ての追加費用は含まれておりません。表示価格は、国、原材料のレート、為替相場により変動することがあります。