研究室用遠心機 5804 (EU-IVD)
血液用卓上角度

研究室用遠心機
研究室用遠心機
研究室用遠心機
研究室用遠心機
研究室用遠心機
研究室用遠心機
研究室用遠心機
研究室用遠心機
お気に入りに追加する
商品比較に追加する
 

特徴

応用
研究室用
サンプルのタイプ
血液用
設定
卓上
回転子の特徴
角度
温度制御
冷蔵
性能
高速
速度

最少: 200 rpm (1,256.6 rad.min-1)

最大: 14,000 rpm (87,964.6 rad.min-1)

騒音レベル

58 dB, 62 dB

重量

55 kg, 80 kg (121.3 lb)

長さ

55 cm (21.7 in)

46.6 cm, 63.4 cm (18.3 in)

高さ

33.7 cm, 34.2 cm (13.3 in)

詳細

遠心分離機5804/5804 Rは、ミディアムスループットの分子生物学的アプリケーションに適した高速ベンチトップ遠心機です。0.2 mLから250 mLまでの一般的なチューブやプレートを扱うことができ、豊富なローターやアダプターにより高い汎用性を実現しています。 製品情報 最大20,913×g(14,000rpm)の高速処理を必要とするミディアムスループットのアプリケーションに対して、最も費用対効果の高いソリューションを提供する、品質と信頼性に定評のある卓上型遠心機です。また、0.2 mLから250 mLまでのチューブやボトル、MTP、PCR、ディープウェルプレートに対応するローターやアダプターを幅広く取り揃え、真の汎用性を実現しています。 スイングバケットローターとアダプターは、0.2 mLから250 mLのチューブやボトルに対応し、固定アングルローターは0.2 mLから85 mLの容器に対応します。プレートローターは、PCR、細胞培養、ディープウェルプレートなど、一般的なタイプのマルチウェルプレートの遠心分離を行うための準備が整っています。 ローター S-4-72 エッペンドルフのスイングバケット型遠心機ローター、ローターS-4-72は、ミディアムスループットのモレキュラーアプリケーションに適しています。最大3,234 x g (4,200 rpm)の回転数と幅広いアダプターを備え、0.2 mLから250 mLまでの一般的なチューブフォーマットを容易に扱うことができます。空気力学に基づいて設計された丸型バケットは、Rotor A-4-62と比較して最大48%のエネルギーを節約します。バケットとアダプターはオートクレーブ滅菌が可能です。 高速遠心分離用ローター エッペンドルフのローターFA-45-6-30(6 x 50 mL)とエッペンドルフのQuickLock®蓋は、遠心分離機5810 Rでは最高速度20,130 x g(12,100 rpm)、5804、5804 R、5810では最高速度16,639 x g(11,000 rpm)で使用できます。

---

カタログ

Catalog 2020/21
Catalog 2020/21
244 ページ

Eppendorf SEのその他の関連商品

Centrifugation

*価格には税、配送費、関税また設置・作動のオプションに関する全ての追加費用は含まれておりません。表示価格は、国、原材料のレート、為替相場により変動することがあります。