研究室用超小型遠心機 5425
分子生物学用多機能DNA

研究室用超小型遠心機
研究室用超小型遠心機
研究室用超小型遠心機
研究室用超小型遠心機
研究室用超小型遠心機
研究室用超小型遠心機
研究室用超小型遠心機
研究室用超小型遠心機
研究室用超小型遠心機
研究室用超小型遠心機
研究室用超小型遠心機
お気に入りに追加する
商品比較に追加する
 

特徴

応用
研究室用, 分子生物学用
機能
多機能
サンプルのタイプ
DNA
設定
卓上
回転子の特徴
角度
速度

最大: 15,060 rpm (94,624.8 rad.min-1)

最少: 100 rpm (628.3 rad.min-1)

騒音レベル

54 dB

重量

15.6 kg (34.4 lb)

長さ

48 cm (18.9 in)

29 cm (11.4 in)

高さ

26 cm (10.2 in)

詳細

この24台のマイクロ遠心分離機は、非常に静かに設計されています。12分までの短時間運転では、平均騒音レベル45dB(A)、最高回転数21,300×gと非常に静かです。これは、日常的に使用されるほとんどのDNA/RNA精製キットの遠心分離ステップに十分です。また、長時間運転時には、冷却ファンがフル稼働し、残りの運転時間のために熱を放出します。好評を博した5424/5424 Rの後継機として、ローターやソフトウェア機能を一新し、日々の作業をより効率的で楽しいものにしました。 遠心分離機5425 Rの改良された冷却システムは、最適な分離結果をもたらし、ローターの最高回転数でも4℃で確実に冷却します。予冷時間はわずか8分(~21 °C→4 °C)と短く、いつでもすぐに使用することができます。 6種類の遠心分離機用ローターの包括的なラインナップ 6種類のローターを取り揃えたことで、このマイクロ遠心機の用途が広がりました。PCR/qPCRの前後に液滴や凝縮液を迅速に遠心分離するために、96本のPCRチューブに対応したスイングバケットローターを初めて搭載しました。バクテリアや酵母を採取する際には、スクリューキャップまたはスナップキャップ付きの10×5 mLチューブに対応した角度固定式のローターが用意されています。 遠心分離中のチューブキャップの保護 エッペンドルフのキットローターF-45-18-11-Kitは、18 x スピンカラムと1.5 mLまたは2.0 mLチューブに入ったサンプルを最大速度18,565 x gで遠心分離することができます。

---

カタログ

Catalog 2020/21
Catalog 2020/21
244 ページ

Eppendorf SEのその他の関連商品

Centrifugation

*価格には税、配送費、関税また設置・作動のオプションに関する全ての追加費用は含まれておりません。表示価格は、国、原材料のレート、為替相場により変動することがあります。