研究室用遠心機 5702
生物学診療所多機能

研究室用遠心機
研究室用遠心機
研究室用遠心機
研究室用遠心機
研究室用遠心機
研究室用遠心機
研究室用遠心機
研究室用遠心機
お気に入りに追加する
商品比較に追加する
 

特徴

応用
研究室用, 生物学, 診療所
機能
多機能
サンプルのタイプ
血液, DNA
設定
卓上, コンパクト
温度制御
冷蔵, 加熱
速度

最大: 4,400 rpm (27,646 rad.min-1)

最少: 100 rpm (628.3 rad.min-1)

最大遠心加速度(g)

3,000 unit

騒音レベル

52 dB

重量

19 kg (41.9 lb)

長さ

40 cm (15.7 in)

32 cm (12.6 in)

詳細

低速汎用遠心機の5702シリーズは、低・中スループットの臨床研究や細胞培養ラボの要件を満たすために特別に設計されました。コンパクトなデザインなので、どのラボのベンチにも快適に置くことができ、静かな動作で作業環境にも配慮しています。 5702シリーズの低速遠心機は、静かで使いやすく、ラボベンチに1台置けるほどコンパクトなので、ラボ環境をより良いものにすることができます。静かで使いやすく、コンパクトなので、どの研究室のベンチにも快適に置くことができます。アクセスの高さが低いので、サンプルの出し入れも簡単です。 5702シリーズでは、お客様のラボやアプリケーションに合わせて3つのモデルをご用意しています。標準的なアプリケーションに適した遠心機5702、熱に敏感なサンプルに適した冷蔵遠心機5702 R、細胞培養など生きたサンプルを扱うのに適したアクティブ加熱・冷蔵遠心機5702 RHです。 温度管理 お客様の温度要件に合わせて、適切なモデルをお選びください。 遠心分離機5702 - エアフローの最適化により、運転中のサンプルの温めを最小限に抑えます。 遠心分離機5702 R/RH - FastTemp機能による高速予冷 遠心分離機5702 RHのみ-アクティブヒーティングにより、遠心分離サイクル全体で高い温度精度を保証 Centrifuge 5702 R/RH - 一定期間活動しないと作動するECOシャットオフにより、エネルギー消費を抑え、コンプレッサーの寿命を延ばします。

---

カタログ

Catalog 2020/21
Catalog 2020/21
244 ページ

Eppendorf SEのその他の関連商品

Centrifugation

*価格には税、配送費、関税また設置・作動のオプションに関する全ての追加費用は含まれておりません。表示価格は、国、原材料のレート、為替相場により変動することがあります。