研究室用遠心機 MiniSpin® (EU-IVD) series
分子生物学用卓上コンパクト

研究室用遠心機
研究室用遠心機
研究室用遠心機
研究室用遠心機
研究室用遠心機
研究室用遠心機
研究室用遠心機
研究室用遠心機
お気に入りに追加する
商品比較に追加する
 

特徴

応用
研究室用, 分子生物学用
設定
卓上, コンパクト
速度

13,400 rpm, 14,500 rpm (84,194.7 rad.min-1)

詳細

強力で使いやすいエントリーレベルの遠心分離機。各ワークステーションに「個人用」の遠心分離機を装備できるように、十分に小型化されています。お客様の性能要件に合わせて2つのモデルをご用意しています。 製品情報 パワフルで使いやすいMiniSpinとMiniSpin plusは、各ワークステーションに「個人的な」遠心分離機を装備できるように十分に小型化されています。性能要件を満たすために2つのモデルをご用意しています。MiniSpin plusは分子生物学的な分離に十分な速度を提供します。 エッペンドルフのMinispinとMiniSpin plusには、実際のパーソナル遠心分離機が存在します。ローター、遠心分離機の内側の蓋、蓋のラッチは金属製で、操作の安全性を最大限に高めています。 最大2 x 8チューブPCRストリップ用の追加ローターオプション。 特徴 ローター容量:1.5/2.0 mL容器12本、PCRストリップ2本 最高回転数:14,100×g(14,500rpm 極めてコンパクトなフットプリント 加速・減速時間< 13 s ユーザーフレンドリーなデジタル表示で時間と速度を表示 金属製ローターボウル 高速で快適な遠心分離を実現するセパレートショートスピンキー 最適な換気の流れは加熱を減らし、温度に敏感なサンプルを保護します。 人間工学に基づいたフタのロックを可能にするソフトタッチのフタクロージャー ランニング終了時に自動で蓋が開き、サンプルの温めを防ぎ、サンプルへのアクセスを容易にします。 ミニスピンプラスの特徴 rpm/rcf自動変換 99分または連続的な遠心分離までの時間延長

---

カタログ

*価格には税、配送費、関税また設置・作動のオプションに関する全ての追加費用は含まれておりません。表示価格は、国、原材料のレート、為替相場により変動することがあります。