ライトバンタイプ救急車 MIESEN BONNA VF-212
Aタイプ

ライトバンタイプ救急車
ライトバンタイプ救急車
ライトバンタイプ救急車
ライトバンタイプ救急車
ライトバンタイプ救急車
ライトバンタイプ救急車
ライトバンタイプ救急車
お気に入りに追加する
商品比較に追加する
 

特徴

形状
ライトバンタイプ
タイプ
Aタイプ

詳細

新型Eクラス(モデルVF-212)をベースに、最新世代の救急車を制作しました。当社のスペシャリストが、何十年にもわたって道を切り開いてきた実績あるBONNAシリーズを踏襲し、革新的でパイオニア的な車両コンセプトを開発しました。 信頼性の高い最先端技術は、多くのイノベーションによって磨き上げられました。BONNAが設定した基準を満たす救急車は、他にはほとんど見当たりません。 新しいコンセプトは、GRPシェルで覆われた高強度スチール構造に基づいています。そのため、燃費向上のための軽量化だけでなく、安定した構造による乗客の安全性を最大限に高めることができました。 最新の材料と技術的なソリューション、そして洗練されたエンジニアの知識が、私たちの革新的な開発の基礎となっています。 特に、スムーズなハンドリング、最適なエアロダイナミクス、そして医療救急の特殊なニーズに焦点を当てました。例えば、患者用コンパートメントのスペースを改善するために、よく考えられたインテリアがあります。 また、車体左側にはサービスドアを設けるなど、コンセプトカーとしての機能も充実させています。 この収納スペースには、スペアホイール、ブースターバッテリー、真空マットレス、酸素ボンベ(10+5L)など、大型の部品を収納することができます。 外からのアクセスが容易なため、利便性に優れています。 窓のコンセプトは、明るい患者用コンパートメントという考えに基づいています。患者や付き添い人のための最適な視界が常に保証されています。 軽いポリカーボネート製の窓も考えましたが、防犯上の理由から防犯ガラス製の窓が望ましいと考えました。 フィールドテストの結果、防犯ガラスは耐久性に優れ、傷もつきにくいことがわかりました。また、ポリカーボネートは時間が経つともろくなり、不透明になる傾向があります。

---

カタログ

*価格には税、配送費、関税また設置・作動のオプションに関する全ての追加費用は含まれておりません。表示価格は、国、原材料のレート、為替相場により変動することがあります。