骨粗鬆症検査キット OB131
ビタミンDカルシウムマグネシウム

骨粗鬆症検査キット
骨粗鬆症検査キット
お気に入りに追加する
商品比較に追加する
 

特徴

用途
骨粗鬆症
検査パラメータ
ビタミンD, カルシウム, マグネシウム, リン
サンプルのタイプ
血液, 血清
結果表示時間

25 min

詳細

ビタミンDは、骨粗鬆症、感染症、肥満などを判断するための診断マーカーである。通常、卵黄、魚、レバーなどに多く含まれており、これらの食品を摂取したり、日光を浴びたりすることで皮膚に合成されます。しかし、ほとんどの場合、日光によって紫外線が皮膚を刺激すると、ビタミンDの合成が起こる。ビタミンDの主な役割は、血液中のカルシウム、リン、マグネシウムの吸収を調整して、平衡を正常に保つことである。ビタミンDが欠乏・不足すると、子供のくる病や大人の骨軟化症の原因となり、慢性的な 腎臓病や肥満の原因となります。 仕様 作業範囲 - 5.0~80.0 ng/mL 基準範囲 - * 欠乏:10 ng/mL * 不足:10-29 ng/mL サンプルタイプ - 血清/血漿 サンプル量 - 100 μL ロードボリューム - 100 μL 保存条件 - カートリッジ: 2-30 ℃ 検出バッファー2-8 ℃ シェルフライフ - 24ヶ月

---

カタログ

この商品のカタログはありません。

OptiBio Co., Ltd.の全カタログを見る
*価格には税、配送費、関税また設置・作動のオプションに関する全ての追加費用は含まれておりません。表示価格は、国、原材料のレート、為替相場により変動することがあります。