video corpo

運動負荷試験用心電計 / 12チャネル / デジタル / プリンター付き
ECG-1350

MyMedicalExpoにお気に入りを追加する
比較検索に追加する 比較検索から削除する
運動負荷試験用心電計 運動負荷試験用心電計 - ECG-1350
{{requestButtons}}

特徴

  • 応用:

    運動負荷試験用

  • チャネル数:

    12チャネル

  • 技術:

    デジタル

  • オプション:

    プリンター付き, スクリーン付き

詳細

シンプルな操作とインテリジェントな分析

簡単な操作と効率的なワークフローは、日本コーデンの心臓ファックスM心電図の基盤です。 大型の7インチカラーディスプレイにより、データを簡単に閲覧でき、記録前のECGプレビューが可能です。 Cardiofax Mは、紙ベースのワークフローとペーパーレスのワークフローをサポートし、波形と解析結果をPCに転送してレビューできるようにします。

日本コーデンの画期的な技術は、分析から入手可能な高度な情報を使用して、より多くの患者を検査する臨床医を支援します。 SynECi18技術により、Cardiofax Mは12ピンECGから18ピンECG情報を提供し、患者の安全性を最適化し、優れたトリアージツールとして機能します。
シンプルな操作
見やすいカラーLCD: 7インチカラーバックライト付きLCDにより、12ピンECG波形とデータの両方を同時に見やすくなります。 調整可能なディスプレイにより、スムーズな操作と視認性が向上し、画面上のガイド機能によるユーザーエクスペリエンスが向上します。
簡単なデータ入力:患者の情報を識別し、簡単に入力するための英数字キーを装備。 バーコードリーダと磁気カードリーダは、人為的なエラーを起こすことなく、患者情報の迅速な入力をサポートします。
電子録音:プレビュー機能により、記録前に波形をチェックし、結果を分析することができます。 ペーパーレスモードでは、波形や解析結果をPCに転送してレビューすることができます。
スムーズなデータ転送:最大400個のECGファイルを内部メモリに保存できます。 SDメモリカードには約3,000個のECGファイルを保存できます。 また、LANまたはW-LANを使用してECGデータをPCに転送する機能もあります。DICOM出力もサポートされています。 情報は、PDF形式で保存することもできます。

これは自動翻訳です  (英語の原文を読む)