甲状腺疾患検査キット OB172
TSHトータルT3血液

甲状腺疾患検査キット
甲状腺疾患検査キット
お気に入りに追加する
商品比較に追加する
 

特徴

用途
甲状腺疾患
検査パラメータ
トータルT3
サンプルのタイプ
血液, 血清
結果表示時間

23 min

詳細

トリヨードサイロニン(T3)は、サイロキシン(T4)とともに甲状腺で作られる2大ホルモンの1つで、甲状腺機能亢進症と甲状腺機能低下症を判断するための診断マーカーとなっています。血中の甲状腺ホルモン濃度が上昇すると、視床下部は、チロトロピン放出ホルモンやTRHの分泌を通じて下垂体を刺激し、甲状腺刺激ホルモンを合成、分泌させます。この分泌されたTSHは、甲状腺を刺激して甲状腺ホルモンT3とT4を合成・分泌させます。甲状腺からT3が過剰に分泌されると、不眠、体重減少、神経過敏などの甲状腺機能亢進症に関わる症状が現れます。逆に、T3が十分に分泌されないと、体重増加、疲労感、皮膚の乾燥などの甲状腺機能低下症が起こります。 仕様 測定範囲:0.10~6.00 ng/mL 基準範囲 - *成人:0.8~2.0 ng/mL * 小児:0.8~2.0ng/mL - 1~5歳 0.92-2.48ng/mL - 6-10歳 0.93-2.31ng/mL - 11-19歳 0.91-2.18 ng/mL サンプルタイプ - 血清/血漿 サンプル量 - 100 μL ローディングボリューム - 100 μL 保存条件 - カートリッジ: 2-30 ℃ 検出バッファー2-8 ℃ シェルフライフ - 24ヶ月

---

カタログ

この商品のカタログはありません。

OptiBio Co., Ltd.の全カタログを見る
*価格には税、配送費、関税また設置・作動のオプションに関する全ての追加費用は含まれておりません。表示価格は、国、原材料のレート、為替相場により変動することがあります。