1. 初期医療
  2. 救急医療
  3. ボックスタイプ救急車
  4. WAS - Wietmarscher Ambulanz- und Sonderfahrzeug

ボックスタイプ救急車 WAS 500 KTW 3.5T
A2 タイプ

ボックスタイプ救急車
ボックスタイプ救急車
ボックスタイプ救急車
ボックスタイプ救急車
ボックスタイプ救急車
ボックスタイプ救急車
ボックスタイプ救急車
ボックスタイプ救急車
ボックスタイプ救急車
ボックスタイプ救急車
ボックスタイプ救急車
ボックスタイプ救急車
ボックスタイプ救急車
ボックスタイプ救急車
お気に入りに追加する
商品比較に追加する
 

特徴

形状
ボックスタイプ
タイプ
A2 タイプ

詳細

WAS 500 アンビュランス 救急車 メルセデス・ベンツ スプリンター ボックスボディ 3.5T 救急車の分野では、近年、軽量なボックスボディの救急車への依存度が高まっています。パネル構造からボックス構造のベース車両へと移行する傾向は、患者輸送の分野でもますます顕著になっています。患者輸送用の救急車を新規に購入する場合はもちろん、救急車全体を購入する場合にも、基本車両の購入価格が比較的安価な箱型ボディが説得力を持っています。また、ベース車両の許容走行距離を超えた後は、別の車両のシャーシに再利用することができます。医療技術の進歩に伴い、ストレッチャーシステムなどへの要求も厳しくなっていることから、改善の余地のある投資です。例えば、医療技術の進歩に伴い、担架システムへの要求もより厳しくなっています。その結果、技術的・品質的な規定により、電動油圧式担架の重量や寸法が増加しています。軽量ボックスは、一般的に規定されている最大総重量3.5tを超えないように軽量化するだけでなく、患者のコンパートメント内でより大きなスペースを確保することができるという、さらなるメリットがあります。 ベース車両にボックス構造を採用し、幅2110mm、長さ5750mm、高さ2810mmというスリムな外寸を実現したことで、患者と乗員の両方に余裕のある多目的救急車となりました。箱型ボディの救急車の場合、スクープストレッチャーやコンビキャリアは車外のアクセスドアの後ろに格納されるため、患者用コンパートメントの外に問題なく収納することができます。

---

カタログ

*価格には税、配送費、関税また設置・作動のオプションに関する全ての追加費用は含まれておりません。表示価格は、国、原材料のレート、為替相場により変動することがあります。